フードプロセッサー 無加水鍋

手作り味噌一年分を目指して、キットとフードプロセッサーで味噌づくり

味噌づくりを体験したら、もっと作りたくなってしまったのですが材料を揃えようとしてなかなか進めずにいました。

材料にこだわったほうが美味しいし、国産を選ぶと安心度が上がるけれど、選択肢がたくさんありすぎて選べなかったのです。

そんなとき、手作り味噌キットがあることを知り、片っ端からレビューを読んで百川味噌さんの「出来上がり7㎏樽付き」を購入しました。

7㎏が見つからないので、4㎏のリンクです

味噌手作りキット(通常版)出来上り7kg用 樽付きセットの内容

注文したのは3月上旬でした。

届いたのは3月中旬。ちょうど混んでいた時期だったので、届くまでに10日ほどかかりました。

味噌セット

樽の中に入っていたもの

  • 大豆(新潟県産あやこがね)1.8kg
  • 米麹(新潟県産コシヒカリ米使用)2.0kg
  • 塩(赤穂の天塩)850g
  • 種味噌(大豆・米・塩)約200g

材料も選別したものをまとめて送ってもらえるので安心&楽々です。

樽と蓋

そして樽と蓋がセットなので、こちらもわざわざ準備することがなくて楽々。

セットで4395円でした。5400円以上で送料が無料になるのでお味噌を2つプラスで買いました。

どちらも個性があって美味しいし、ミックスするとまた違う味になっていいですよ♪

フードプロセッサーで7㎏の味噌つくり

  1. 大豆を水で洗って一晩水につけておく(大豆は約2倍に膨らむので大き目の鍋やボールに分けて)大豆を洗う
  2. 一晩つけた豆を何度か水を替えて洗う膨らんだ大豆
  3. 大きな鍋2~3つに分けて大豆の3倍の水を入れて火にかける(最初は強火→沸騰したら弱火)煮始めた豆
  4. 弱火でコトコト4~5時間煮る(水が足りなくなったら足しながら)※圧力鍋があるとさらに時短
  5. 大豆を指でつぶせる固さになったら、煮汁を残しながらざるに取る(味噌の固さ調整にも使うし、料理にも使える)
  6. 少し冷めたら大豆をつぶす(フードプロセッサーを使うと時短になる)フードプロセッサーで大豆をつぶす
  7. 大きなビニール袋にまずは米麴と塩を入れて混ぜる米麴と塩
  8. つぶした大豆も加えて、残したゆで汁で固さを調整する(耳たぶの柔らかさ)大豆も入れる
  9. 途中で種味噌も加えて、全体がまんべんなく混ざるようにする(結構体力を使った)
  10. 混ざったら味噌玉を作る丸めた味噌玉
  11. 樽は洗ってからお酒を染み込ませたキッチンペーパーで拭いて乾燥させておく
  12. 樽の中に味噌玉を投げるように入れると空気が入りにくい

    味噌玉を投げる

    ストレス発散になるよ

  13. 時々上から体重をかけて押す
  14. 最後は表面を平らにならして、塩を振りかける表面は平らに
  15. 空気が入らないようにラップをして、重しをして蓋をする塩、ラップ
  16. 日が当たらない部屋に置く(冷蔵庫は発酵が進まないからダメ)
  17. 3月に仕込んだときは6~7月くらいに一度覗いて、もしもカビがあったらきれいに取り天地返し(樽の中をかき混ぜる)をする

大豆を煮るのに2つの鍋を使いましたが、無加水鍋のほうがコトコト煮ることができて皮が破れませんでした。

メモ

  1. 大豆が上手に煮ることができなくても、後でつぶすので大丈夫だそうです(達人からのアドバイス)
  2. 大豆のゆで汁はみそ汁の出汁にしたり、煮物の出汁にも使えます(めちゃくちゃ美味しい!)

味噌樽をどこに置く?

わが家の一番北側で室温が一定しているのは蔵なので、蔵の中に樽を置いています。

味噌の完成は

半年から1年かかるといわれています。発酵の具合によって味が変わります。

天地返し含めて、少しずつ追記していきますね。

初めての味噌つくり、大変だったけれど出来上がりが楽しみ!

家族3人で味噌一年分は何㎏か

前回作った2㎏の味噌と今回作った7㎏を合わせると9㎏。

さてこの量でどれくらいもつのか、まだわかりません。

出来上がってから食べるので、報告は来年かもしくは再来年になるかも♪

4人家族の友人は15㎏くらい必要かも言っていましたが、朝が和食か洋食かにもよるし、毎日のみそ汁率がどれくらいかによっても違うでしょうから経験してみないとわからない。

こちらの記事では1人の一年分の味噌量は6㎏だそうなので、9㎏だと半年しかもちません(笑)

でも、7㎏の味噌を作るのは一日がかりで大変でした~。

初めて作るときには2㎏~4㎏で試すことをおすすめします

味噌つくりに適した時期は1月から5月といわれています。

寒い時期に作る味噌は熟成期間が長いので、色の濃い深みのある味噌になり、3月~5月に仕込むと熟成期間が短くなり色のきれいなお味噌ができるそうです。

味噌つくりの達人に教えていただきました。

半年後から食べられますが、じっくり寝かせたお味噌は格別だそうです

味見させてもらってびっくりしました。

自分で仕込んだお味噌がどんな味になるか、今から楽しみです♪

味噌つくりが気になっている方、仕込みのチャンスは今ですよ~

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ

関連記事・広告



-フードプロセッサー, 無加水鍋
-, ,

© 2021 TAYORAKO KITCHEN Powered by AFFINGER5