時短調理&おすすめアイテム

手作り味噌2㎏を入れる容器にちょうどいい大きさ「野田琺瑯ぬか漬け美人」レビュー

気になっていた手作り味噌作りに挑戦することになり、悩んだのが容器です。

2㎏のお味噌を作るとき、容器はぴったり2㎏でいいの?

プラスチック製、陶器製、琺瑯製と色々あるけれど、どれを選んだらいいんだろう。

悩んだ末に野田琺瑯のぬか漬け美人を購入しました。

2㎏の味噌を作って入れると、このくらいの量になります。

琺瑯に2㎏の味噌

結構余ってる!と思いましたが、この上に重しを置くのでちょうどいいです。

琺瑯サイズや質感などについてレビューします!

読んでほしい人

  • 手作り味噌に初挑戦しようと思っている人
  • 何から準備したらいいかわからない人
  • 2㎏の味噌を入れる容器を悩んでいる人
  • 野田琺瑯のぬか漬け美人を購入しようか迷っている人

味噌を入れる容器の素材は何がいいの?

味噌作りを教えてくれたかたに聞いてところ、プラスチック製、陶器製、琺瑯製と色々あるものの、なんでも大丈夫とのことでした。

一緒に味噌作りした友だちは本当に普通のプラスチック製タッパーだったし、

本格的な壺タイプの友人もいました。

壺は気温に左右されないメリットがあるんだって。

お味噌の先生いわく容器を選ぶ時のポイントは

ポイント

  • 蓋がある
  • 重しが入れられる(絶対ではないけれどカビの繁殖が抑えられる)
  • 「天地返し」をするときに手をいれやすい口の大きさがある

天地返しは下のほうのお味噌に空気を送り込み、発酵むらが起こることをさけるのと、カビのチェックに行います。

梅酒を漬けている瓶を使えたらなぁと一瞬思ったのですが、それも聞いて見たら「大丈夫」とのことでした。

口が小さいものだと天地返しがしにくいかもしれないので、ご注意ください。

野田琺瑯 ぬか漬け美人レビュー

迷った末に野田琺瑯を選んだ理由は、これから毎年お味噌を作るぞ!の決意を込めて。

憧れていた野田琺瑯買っちゃおう!

ぬか漬け美人

届いたぬか漬け美人3.2ℓです。

≪製品詳細≫

  • 外寸255×160×高さ120mm
  • 内寸228×136×高さ115mm
  • 重量:約930g
  • 表面加工:ほうろう
  • シールフタ/EVA樹脂(耐熱70℃、耐冷-30度)

日本製

ぬか漬け美人外観

真っ白できれいなフォルム✨

  • 上から
  • 下から
  • 横から

上部の丸まっている部分を下から見ると、琺瑯製ならではの剥げのようなものも見られますが、琺瑯ってそういうものだから

 

剝がれ部分

わたしは気になりません。

重みはほどよく、ずっしりしていません。

冷蔵庫に入れた写真

冷蔵庫にも余裕で入るサイズ。

メモ

ぬか漬けに使用する場合には乾燥ぬか1㎏対応だそうです。

ぬか漬け(ぬか床)の作り方も入っています。

ぬか漬け美人の替え蓋も一緒に購入

琺瑯製なので長く使えるのですが、プラスチック蓋が劣化する可能性があるなと感じて一緒に購入しました。

ぬか漬け美人蓋

壊れてからでもいいけれど、蓋の種類を探すのも面倒くさいし送料ももったいないので。

約250円でした(2021.3月現在)

手作り味噌2㎏の作り方メモ

材料

  • 乾燥大豆 500g
  • 米こうじ 500g
  • 塩 200g
  • (種みそ 100g←なくてもOKだそうです)
  1. 大豆は前日から水につけておく(豆の3倍程度の水で最低でも6時)
  2. 水を替えて4~5時間大豆を煮る(焦げないように、時々かき混ぜながら)
  3. 大豆をすりつぶして、人肌に冷ます(煮汁はだし汁になるので取っておく)
  4. 米こうじ、塩、種みそとしっかり混ぜる
  5. みそ玉に丸める(耳たぶくらいの硬さに調節する)
  6. 容器に詰めて空気を押し出すようにならす
  7. 表面に塩をふって、ラップをかける
  8. 重しを乗せたら蓋をして常温で保存する
重しは専用でなくても、1㎏の塩未開封のものなどで代用できます
  • 大豆
  • つぶす
  • 琺瑯に2㎏の味噌

この時はビニール袋に入れて足で踏み踏みしました。

お子さんと一緒にできると、結構運動にもなって楽しいでしょうね~。

ほどよく汗をかいて気持ちがいいですよ~。

予想以上に楽しかったので、もっとお味噌が作りたくなって手作り味噌セットを購入しちゃいました。

昨日作ったので後日レポしまーす

2㎏の手作り味噌には野田琺瑯のぬか漬け美人がぴったりサイズです!

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ

関連記事・広告



-時短調理&おすすめアイテム
-

© 2021 TAYORAKO KITCHEN Powered by AFFINGER5